最近のアルバイト状況

最近アルバイトをよくするようになりました。

高校生の頃はとにかく働くことが嫌でアルバイトも週に1回2回程度。

ひどい時には月に1回2回なんてこともありました。

今にして思えばそれで大丈夫だったアルバイト先はずいぶんと寛容だったなと思います。

意識低いKのブログ
警備員のアルバイトって楽なの?季節によるけどメッチャ楽!
警備員のアルバイト、こんな人は受からない!?

しかし今ではしっかりと働くようになりました。

学業もおろそかにできないので多くは働けませんが週4程度では働くようになりました。

扶養から抜けるとまずいのであまり多くは働けませんが、社会人になることも考えて行動しなくては!

かっこいい実印

独学の鍼医者がまず自分の身体に針を刺して効果を確認してから患者のツボに針を刺したら、生まれてから言葉を発したことがなかった女の子が「毛沢東万歳!」と言えたのです。いや、私は「鍼治療の効果」は身をもって知っています。ただ「毛沢東万歳!」と言わせるツボがあるとは知りませんでした。

「はだしの医者」には、養成機関はありません。素人が現場で修業することで「医療衛生員」となり、農村での生産にかかわりながら治療も行っていました。大昔の「医者」が修業で育てられたのと発想は似ています。システミックな教育ではなくて、現場での体験と修行(と毛沢東思想)とで育てられる「医者」です。「とにかく医者の絶対数が足りない」「近代医学を導入する金がない」という中国の国の事情が大きいのでしょうが、もう一つ、毛沢東自身が近代医学に不信感を持っていたこと(『毛沢東の私生活』(李志綏)に具体的に書いてあります)も大きな要因でしょう。

もう一つ「人民公社の治療機関を農民が使える」ことは、政府に対する人民の信頼感を増す、という政治的効果もあったでしょう。また「貧農の子でも、はだしの医者を真面目にすることで認められて医学専門学校に選抜されることがある」という“サクセスストーリー”も作ることができました。

はんこ屋の印鑑のこだわり

ヒューマノイド」とは「人間そっくりのロボット」のことですが、では「人間そっくり」とはどういうことでしょう? 「形」?「機能」?「材質」?
本書では「柔らかさ」に注目して、これからあるべきヒューマノイドの姿を探っています。
そういえば昭和3年に造られた「學天則」は、空気圧で駆動され表情を変えることができる、という、ある意味「やわらかいロボット」でした。漫画で何か思いついた瞬間に「頭のすぐそばで電球がぴかりと光る」という表現がありますが、この學天則は装置としてこの「ライト」を持っていましたっけ。……おっと、話が逸れました。
ロボットの骨格部分は「硬い」ので、やわらかいロボットにするためには骨格の外側に柔らかいものをかぶせる必要があります。ところが「硬いもの」と「柔らかいもの」を重ねると「ずれ」が生じます。たとえば「ロボットの手」で、指先のセンサーが位置情報を発しても「ずれ」があると骨格部分の正確な動きができなくなるのです。

逆に言ったら、皮膚センサーを使って骨と筋肉を動かしている人間は、すごいことをやっていることになります。また、その「ずれ」を積極的に使って人間は環境を認知しているようです(同じ重さでも、ペンと団扇では、振ったときに腕が感じる抵抗は違いますよね。それで自分と環境の関係が認識できるわけです)。

法人印が安くつくれる印鑑屋

舞台設定からは当然『2年間の休暇(または十五少年漂流記)』(ジュール・ヴェルヌ)を連想します。著者も当然それは意識しているのでしょう、少年たちの人数さえ明らかにしません。
最初に登場したのはラーフ。父親は海軍の偉いさんで押し出しが立派で身体能力は高い、表面上はいかにもリーダー向きです。次に出てきたのがピギー。太った眼鏡っ子、気が弱く喘息持ち、といういかにものいじめられっ子タイプですが、実は頭の切れは相当なものです。合唱隊リーダーのジャックは生来のリーダーですが権力志向が露骨すぎます。

ピギーはホラ貝を見つけ、ラーフに吹き鳴らすことを勧めます。その音に引かれて少年たちが続々と集結。そこで彼らがまずしたことが、選挙によるリーダーの選出と規則の制定、というのはいかにもイギリス的です。ホラ貝と押し出しによってラーフは隊長に選出されます。しかしラーフにリーダーの資質はなく、少年たちはごちゃごちゃと無秩序に“サバイバル”に取り組むことになります。と言っても、水と果物は豊富で、取りあえず生きるだけだったら苦労はありません。少年たちは最初に設定した目的(救助の船がやって来るまで生き抜く。船に合図するために山の頂上で狼煙を上げる)を忘れて、食べることと遊ぶことに夢中になっていきます。

……ここはエデンの園か?と私は呟きます。“無垢な人類”が隔絶された環境で、果物を食べて生きているわけですから。おまけに「蛇の影」もちらつきます。となるとここで必要なのは「知恵の実」なんですが、本書ではそれが「豚」になっているところが笑えます。しかもその豚を狩る狩猟隊の主力メンバーが、かつての合唱隊(制服から見て聖歌隊)だったことが何ともはやです。

安いはんこ屋の探し方

単純な話、「芸能人・タレント枠」と、そうでないものとの選り分けが、
当の本人達も世間一般もよく出来ていない・・ってことですなぁ。

浜田?小川? 彼らタレント枠。
“芸人”とは個人的に認めてないが、取り敢えず彼は芸人枠。
その奥方が同じ側に立つ。

【芸のためなら  女房も泣かす それがどうした 文句があるか】

【そばに私がついてなければ 何も出来ないこの人やから 泣きはしません 辛くとも】

「浪花恋しぐれ」ですがな。芸人“桂春団治”を主題にした、ね。

芸能の世界ってのは、一般とは違うもの。
違うから成り立ってる面もあるってこと。

貞操観念の乱れも、時に肥やしになる。いや、肥やしにすべきでもある。
それが芸能の世界。その女房も、一心同体なわけだ。

だが乙武君。
彼はちょいと違う。奥方も同様に。

福祉も教育も、世相も何もかも、真面目に語ることを責とする人物だ。
奥方はその旦那を支える・・ということは、同じ目線や立場であることを意味する。

ということは、彼の行いを思い切り批判せねばならないわけで、
本当にそれでも一緒に生きてくなら、その批判面を相当強く打ち出さねばならない・・

ってことで、「自分にも責任の一端・・」なんてことは、確かに当たっているものの、
それは内輪近隣内で言うことですね。もしくは、打ち出すとしても文面の僅かな部分で、
目立たぬ形で潜り込ます程度にしないと、誤った方向に向く、と。

葛飾区で激安で評判のはんこ屋

あるラノベを読んでいたら、間接的に面白いことが書いてあった。見た目が派手で現実的な効果がある事を成し遂げるのが英雄で、一見無駄だったり後ろ向きだったりすることで将来的な効果を上げることをするのが偉人である、というような内容である。

これ、現実でもあり得るというか、そのものだと思う。英雄は敵を叩き潰して勝利をもたらす。だがその過程で多くの血が流れ、しかも潰したはずの敵はいつの間にか復活したり増えたりして再び牙を剥く。

そしていつの間にか英雄は反逆者となり、多くは粛正されて消えていく。使い捨ての特効薬みたいなもので、使えばとりあえず元気にはなるが後で反動がきて、さらに酷い状態になってしまうのだ。

だが、そうでもしなければ突破できない状況というものもある。ゲームで言うと誰かを犠牲にしてそのエリアを抜けるとかそういう場面だ。そしてその事でパーティには感情的に亀裂が入り、最終的には解散になる。

その前に魔王を倒せればそれでいいのだが、魔王を倒せばすべて良くなるわけではない。勇者たちは役目を果たして消えていけばいいだけなのだが、残された人々には長く苦しい復興の日々が待っているのだ。

実印は作っておくべき

肝心の設定温度は19度。
それで絶えられなければ少し上げてみる・・という感じで、
また厚着をして臨む条件でトライし始めましたが、最初はやはりちょっとキツイかなという感じも、
徐々に身体が慣れていきましたね。難点は手が少々冷たい・・
但し、家の中で色々動き回ってる分にはそれほど問題はありません。

それと重要なのは、就寝時も暖房は切らないこと。
切ってしまうと深夜に寒くなるという以上に、朝方一気に温度を高めんと
暖房がフル稼働することでかえって油を食ってしまうため、通常より2~3度低くして就寝。
極端に冷えないようにしておくことが肝心ですね。

これで因みに、昨冬請求が来た11月~4月までのトータルで9000円弱に収まりました(笑)。
ただ、昨冬を含めた過去3シーズンほどは総じて暖冬傾向で、
ある月は極端に暖かったりしましたのでこれで今後も推移するかどうかは別。

特に今年はその反動からか、積雪の始まり含めてここまでは近年よりグッと寒いですし、
割りと長期間留守にした関係上、戻ってから暖房の稼働が高まっている傾向もあり、
そして灯油がまた高騰してるのでさすがに1万は超える可能性は高いでしょう(笑)
あとは2月~3月がどのような天候となるのか・・

何れにせよ、適切な暖房温度は個々の居住環境如何なので、
無理のない設定で、且つ多少の厚着をするなどして調整すると結構幅が出ると思いますよ。

三鷹の印鑑屋

複合的な要因が絡み合ってることは想像に難くなく、
「若者のビール離れ」のように、何か一つに特化するのは不適切だろうと思われ・・。

ま、あえて若者に特化した場合にパッと浮かんでくるのは、ビールという単一商品に限らず
総体的には酒類全般における「若者の酒離れ」・・といった方が正しいのかもしれませんなぁ。

言わば大人のコミュニケーションツールとして、酒はもはや重要なものと捉えていない・・と。

そりゃあそうでしょう、職場での飲み会はおろか、仲間内でのそれに対しても
自分の用事や私生活の方を優先してしまうんだから、飲む機会も減ろうってもの。

他方、私生活は私生活で、いつまでも大人になりたがらず、
ゲームだなんだといったことに明け暮れる「大人子供」が増殖してる昨今、
酒で酔ってるぐらいなら正気で液晶画面に向かって集中してる方が得策と思ってるわけだし、
まさに泡と消える酒代にかけるなら、ゲームや通信費に回した方がいい、と。(笑)

昔からよく云われるものとして「酒や酒を酌み交わす場では、互いが鎧を脱ぐ」、というのがある。
いわゆる「無礼講」に似ている、または繋がるものって感じ。
端的に言えば「本音で語り合える、対峙出来る」というヤツですかね。

昼間喧々諤々、上司と部下という壁や距離感にあって、仕事がハネれば
夜は無礼講、または距離を近づける・近づく・・ってヤツ。

厳密に言えば、そこで酒が飲めようが飲めまいが実はあまり重要じゃない。
如何に酒を通して、鎧を脱いだ状態の相手と「素のコミュニケーション」が取れるか否か・・
これが出来ると、あるいは積み重ねると後々色んな面で役に立つ事が少なくないのであり。

そうした機会が増えて来れば、いつしか飲めなかった酒が少し飲めたり、
共にする肴についての見識なり、話のネタなりも付いて来ることがある。
どれもそこだけ切り取れば、一見さして役立つものでも重要なものでもないんだけど、
これまた蓄積されて来ると、いつしか何かの、他者とのコミュニケーションの場で
思いもよらず役に立ってくるものでもある。

我孫子の安い印鑑屋

著作権法22条にある→『公衆に聞かせるための演奏』・・。
これが学習行為の内容と合致するか否か・・が基本の論点だろうと推測。

実のところ、司法判断は長らく『生徒も不特定者であるなどの理由で「公衆」と解して来た』。
しかし問題となるのは、少数単位での学習環境にある運営実態を観た時、
それ自体が“公衆に聞かせることを目的とした演奏”であるのか、だ。

明らかにその内容とは異なると言える。
対象として考えられるとすれば、学習や練習を経ての『発表会』や『コンクール』辺りであるが、
その場が教室や賃貸ホール等を使用しての場合に関わらず、
『無料を背景とした非営利状態』であると認められたならば、権法38条に基づき
【例外として著作権料を支払う必要がない】。
※(加えて演奏者が対価を得ていない、著作物の対価を徴収していない等が条件も、
事実上そうした行為はないといえる)

では、学習現場なり発表会なりで、何らかの金銭授受や類する事象がないか、
純然にどこまでも非営利なのかといえば、厳密にはそうではなく
各教室運営上では『指導料(受講料)』が発生している。

が、それは著作権者由来の作品権利そのものについてではなく、
あくまで演奏技術等の指導行為の対価であるので、著作権界隈とは別物である。

あると便利なはんこ

ゲームをやらない私には、どうも「仮面ライダーエグゼイド」はついていけなくて、きっと孫でもいたら一緒に見ながら
「おばあちゃんは、ゲームわかんないよ」
とか言ってるのかしら気分でして、まあ、実際、もう孫がいてもおかしくないどころか、当然の年だろうし(のわりに同世代で孫のいる人、周囲にいないんだけどね(^^ゞ)もう、特撮も卒業なのかしら…と思っていた今日この頃に「ZERO- -DRAGON BLOOD-」が始まりました。

「牙狼」シリーズは、昨年ファーストシリーズを再放送していて、それを見ながら、最初が一番完成度高かったなあ、としみじみ。最初のうちはシリーズ楽しみにしていたんだけど、なんか段々パチンコの新台のために新作作ってる感が見えて、イマイチ不完全燃焼のところで、始まったのが今回の「ZERO」

いやあ、実は第一回目見たとたんに嵌りました(^^ゞ

雨宮監督、やっぱ零を美しく撮るなあ。
第一回で、ホテルの塔(みたいな高いとこ)の上で変身したシーン、背筋がぞくぞくした。

とはいえ、これから物語がどう進むのか、にとって評価が定まるわけですが、三回まで見た感じでは、これはファーストシリーズに遜色なくいきそうかも、と期待しております(^_^)v